CHECK

コロナ禍の影響で再び注目を集める郊外に建てる注文住宅

コロナ禍の影響で再び注目を集める郊外に建てる注文住宅

昨今の住まいは都心回帰が一つのキーワードであったかもしれません。満員電車での長時間の通勤を嫌い、都心部の利便性の高いところに住宅を持ちたいと考える人が増えていました。もちろん一戸建ては困難でマンションですが、いわゆるタワーマンションなど供給戸数が増えていることも背景にあったかもしれません。しかしコロナ禍の影響によりややトレンドに変化が見られ、郊外に注文住宅を建てることが再び注目を集めるようになってきています。理由は言うまでもなくテレワークであり、感染予防のためにやむを得ない形で導入したところ、意外とうまく仕事は回るしワークライフバランスの点でも社員に好評だということで、コロナ禍が収まった後も一部テレワークを認めるハイブリッド型の会社が増えてきていることにあります。通勤が不要というか少なくとも頻度が低下するのであれば、何も好き好んで価格が高く、緑も少ない都心部のマンションに住むのではなく、広々とした注文住宅が良いと考える人が増えるのは自然なことでしょう。

注文住宅ならリモートワークにも対応が可能

注文住宅のメリットとして、リモートワークに対応しやすい点が挙げられます。日本には、もともと会社の仕事を家でするという文化がありません。そのため、仕事用のスペースをあらかじめ設けることは少なく、自分で確保する必要がありました。しかし、その風潮は変わってきており、注文住宅を建てる際にリモートワークを意識することが多くなりました。注文住宅の設計段階からインターネット回線の詳細まで決めることが一般的です。高速なだけでなく、セキュリティも万全にしたものが選ばれています。言い換えると、建売住宅ではは現代の働き方への対応が困難な状況です。仕事用のスペースを設けるケースも増えてきましたが、まだそれほど多くありません。自分で間取りを考えられる注文住宅なら、最も働きやすい環境を構築することも容易です。移動式の敷居で、仕事をするときだけ区切れるようにする施工法も人気があります。その他にもさまざまなアレンジで実現が可能です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の家づくりに関する情報サイト

こちらのサイトは、注文住宅の家づくりの参考になる様々な情報をご紹介しています。家を建てるときには当然ながら費用が必要不可欠ですが、実際に行うとなると土地を購入するときには不動産会社に仲介手数料を払う必要がありますし、所有権の移転登記などでは手数料に司法書士のへの報酬なども発生します。最近は、コロナ渦の影響で郊外に家を建てる人も多くなっているなどお役立ち情報をご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search