CHECK

注文住宅を建てるために必要な費用の内訳

注文住宅を建てるために必要な費用の内訳

注文住宅を建てるために必要な費用の内訳ですが、細かいことを言い出すときりがないものの、大きく分けると土地・建物・諸費用となります。まずはこの3つに分けて考えると良いでしょう。土地は地価に大きく左右されますし、場合によっては既に持っているというケースもあります。例えば実家の土地を更地にした後に注文住宅とするケースが該当します。平均的には1500万円前後要しているようですが、首都圏やその他の大都市圏では若干多めに見積もっておく必要があるかもしれません。建物の建築費用は注文住宅の中心となる部分であって、こちらも平均の数値ですが3000万円から3500万円くらいとなっています。ここは施主の意向に応じて相当に差が生じる可能性があるものの、一般的な家庭ではこの程度だということを知っておくと良いです。最後に諸費用ですが、これはうっかりしやすいもののローンの保証金や税金、登記費用など全てを合わせると数百万円レベルのお金が必要になります。

注文住宅なら黄金比率やシンメトリーを意識して建築できる

注文住宅は住まいのなかで、最も贅沢な住まいと言って間違いありません。それは施主の希望や要望をすべて詰め込んで設計、建築できる住まいだからです。当然土地選びから好きな場所をえらい建築できます。すべて自分の希望を叶える住まいであるので、当然その費用は掛かり建売住宅の1.5倍から2倍ほどかかってしまうこともあります。ところがその分満足度が高く、一生その家に住み続ける事が出来ます。注文住宅はいたるところに施主の拘りを見る事が出来ます。外観も黄金比率やシンメトリーを意識して建築することもできます。内装に関しても動線幅や収納などに拘ったり、ビリヤード場やカラオケルーム、サウナなどエンターテイメント性を持たせて建築することも可能なのです。ではこの注文住宅をどの業者に依頼して建てるかと言うことが問題に成りますが、多くの人は大手ハウスメーカーもしくは地域特性を熟知した地域に根差した工務店に依頼することが多いと言われています。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の家づくりに関する情報サイト

こちらのサイトは、注文住宅の家づくりの参考になる様々な情報をご紹介しています。家を建てるときには当然ながら費用が必要不可欠ですが、実際に行うとなると土地を購入するときには不動産会社に仲介手数料を払う必要がありますし、所有権の移転登記などでは手数料に司法書士のへの報酬なども発生します。最近は、コロナ渦の影響で郊外に家を建てる人も多くなっているなどお役立ち情報をご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search